• 標準
  • ENGLISH

事業承継の4つの選択肢と課題とは?

後継者の選択肢と、それぞれの課題・検討ポイント

事業承継には4つの選択肢があります。承継方法を検討されるにあたり、それぞれの方法を採用した場合にどんな課題があるのか、基本的なことを知る事が多くの選択肢を持つことになり、結果、最適な選択につながります。

事業承継の4つの選択肢の図

承継方法によって、どのような検討課題があるかをまとめました。

承継方法 主な検討課題
親族承継
  1. 株式の承継方法(相続、贈与、譲渡)
  2. 株価対策
  3. 納税資金準備
  4. 相続への備え
従業員への承継
  1. 株式の承継方法(譲渡、贈与)
  2. 後継者の資金負担
  3. 債務保証の引き継ぎ
M&A
  1. 相手先を見つけること
  2. どういう会社に経営権を渡すべきか
  3. 価格等の具体的な条件

事業承継のコンサルティングについての資料請求、ご質問は、
以下よりお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ 0120-022-313(平日:9:00~17:00))