• 標準
  • ENGLISH

地代の滞納が続く不良債権の売却

状況

Mさんは7億円の資産を持っていたが、その大半が貸宅地で、相続対策が必要だった。その内の一軒で数年前に借地人が死亡したものの、被相続人の負債が多額であるため、全員が相続放棄する事態が起きてしまった。 このため、地代は滞納状態が続いていた。しかも、借地人の建物は隣地の借地内に大きく越境していたので、越境状態を解消して境界を確定するという問題も抱えていた。

対策

相続人が全員相続放棄していたため、相続人に直接借地権の解除を求めることができず、相続財産管理人と交渉することになりました。

相続財産管理人には借地権を買い戻すという和解案を示しました。そして、裁判所に和解(解決金)の目安を先方に打診してもらい、借地契約の合意解約にこぎつけました。

和解交渉と平行する形で、所有権の買い付け業者の選定を進めました。Mさんには所有権を売却した場合の収入とメリットをイメージしていただきました。また、隣地と円滑な境界交渉を行ない、確定測量も行いました。

効果

借地契約を和解により合意解除し、所有権として、Mさんにリスクがないように時価で売却しました。その結果、債権(滞納地代)も回収することができました。

不良債権を現金化しただけでなく、越境状態の解消、境界の確定などの諸問題も一気に解決しました。

さらに、懸案だった借地権を処理できたことで、Mさんの長年にわたるストレスも解消することができました。