• 標準
  • ENGLISH

不動産組み換えコンサルティング

収益性の低い貸宅地や古アパート等を収益性の高い資産に組み換え、所有不動産の最適ポートフォリオを実現する船井の組み替えコンサルティング

収益性、将来資産価値、換金性の分析は大丈夫ですか?「事業用資産の買い換え特例」を正確に理解していますか?不動産を売却して、ただ購入しただけになっていませんか?

相続対策の基本として、まず財産の棚卸しを行い、相続税の試算と財産全体の構成を詳しく分析します。
 所有不動産全体を見た時、当然個々の不動産ごとに特徴があります。先祖から代々受け継いできた大事な土地であったり、納税地として手を付けずに保有すべき土地である事もあり、単純に収益性だけでは割り切る事は難しいかもしれません。

しかし、不動産を持っていれば価格が上がった時代は遠い過去のものとなり、今はその不動産でどれだけの収益が上がるか?その不動産(土地)はどれだけ需要があるかが非常に重要であり、収益の上がらない不動産は資産とは言えない時代となりました。
 地価の二極化が益々進むことは、疑う余地がありませんが、人口問題を背景に今後益々地価の超二極化が進み、いつまでも不動産を中心とした資産構成では、その保有する土地の場所に よっては、資産価値が目減りしてしまい、代々受け継いできた大事な土地を守るどころか、資産を守る事すら困難になってしまう可能性があります。

 弊社では、不動産の組み換えにより資産の最適ポートフォリオを実現し不動産資産に偏らないバランスの良い欧米型の財産構成を目指すコンサルティングを指導しています。
しかしながら日本の土地持ち資産家の場合、不動産資産の一部を金融資産に組み換える事に抵抗のある方も多く、そんな方には、相続税効果なども考慮しながら、収益性の低い不動産・将来価値の下落が予想される不動産などを「事業用資産の買い換え特例」を利用し、収益性の高い不動産・将来価値の下落リスクの少ない不動産に組み換えるご提案も積極的に行っています。



※ 事業用資産の買い換え特例は、70%または75%となる場合があります。