• 標準
  • ENGLISH

有効活用できない土地は売却決断の時

不動産を動かす

 地価は上がり続けるという土地神話が健在だった時代には、土地を持ち続けるだけで資産価値が高まりました。

そして稼いでいない土地であっても、先祖代々の土地を持ち続けることが美徳でもありました。

しかし、土地神話が完全に崩壊した今、土地を持ち続ける意味は急速に薄れています。
もちろん、稼いでいる土地、収益性の高い土地、換言すると資産価値のある土地は持ち続けるべきです。

しかし、稼いでいない土地に関しては、有効活用または売却の二者択一で真剣に考えるべき時期にさしかかっています。

 今後、地価は超二極化時代に突入します。ごく一部の地域、物件を除くと、不動産の資産価値は下がる一方でしょう。

保有している土地の収益性を算出してみると、稼いでいない土地を持っている人は少なくないはずです。