• 標準
  • ENGLISH

医者向けレントハウス

 医者向けレントハウスは、建物を土地オーナーがスケルトン又は事務所仕様で建てて、内装・設備を借りるドクターが施工します。ドクターにとっては、低い予算で医院経営が可能となり、土地オーナーは長期安定的な運用が可能となります。
 オーナーのメリットは、長期間の契約になることが多いので安定した収入確保が可能であり、賃料の安いエリアでも周辺相場より高めの賃料の設定が可能であることです。アパートが成り立たない地域でも運営が可能です。又、地域貢献にもつながります。デメリットは、あくまで賃貸なので撤退リスクがあること、事業用なので保有税面で小規模宅地の特例が適用できないことです。

 ドクターのメリットは、開業資金が少なくて済むこと、住宅地などの好環境な場所に立地が可能なこと、地域密着の医療ができることです。デメリットは、開業資金を調達する際に賃貸なので該当地を担保に入れることができないので自己資金がある程度は必要なこと(土地・建物は賃貸なのでそこまで多額な資金は要求されない)、賃借期間後に再契約ができるとは限らないことです。

 ただし、空室リスク・撤退リスクがあります。近年、安定した賃料収入と社会貢献を歌い文句に医者向けのレントハウスは続々と建てられています。駅前物件を中心に埋まる傾向もいなめないため、駐車場を確保できていない郊外の物件では空室になっているケースがあります。賃料設定も高く見込んでいる分、空室時のへこみも大きいものになります。

 地域の特性や人口分布、周囲の診療圏を上手くつかむことが医者向けレントハウスとして活用するために必要です。オーナーとドクターのメリットが、互いに共有できるようにコーディネートできる専門家に相談して、全体を見据えた組み立てをしてもらうことが、トラブルも少なくスムーズに有効活用するために必要なことです。

医療モール

集客力がある商業施設が進出すると、地域全体が活性化します。いままで何の活用法も見つからなかった周辺の土地が見直される可能性がでてくるからです。特に医療施設の誘致は、収入アップと地域への貢献という両面のメリットがあります。ドクターの中で独立開業したい方に商業施設内に誘致するクリニックに入っていただきます。異なる診療科目のドクターを集めることでシナジー効果(相乗効果)が得られ、又、オーナー(地主)にとっても収入の安定的な増加につながります。

 クリニック以外にテナントが入っている複合商業施設の場合、集客力が高まりますのでクリニック出店の効果は大きくなり、ドクターにとってのメリットも大きくなります。  オーナーのメリットは、医者向けレントハウスと同様に長期間の契約になることが多いので、安定した収入を確保可能であり、賃料の安いエリアでも周辺相場より高めの賃料の設定が可能であることです。デメリットも医者向けトレントハウスと同様に撤退リスクがあることです。

 ただ、どこにでも誘致できるものではありません。医療施設のニーズがある地域を事前にしっかり調査すること等、事前の調査が重要になります。ドクターの情報と地域の情報を持った専門家に相談することを勧めます。また、建築関係の会社が建築したいがために提案するケースがありますので、本当に中立的な立場でアドバイスできる専門家への相談が必要になります。