• 標準
  • ENGLISH

狭小地の活用

所有の土地で建物を建てるには面積が足りない、空いているスペースを有効に活用したい等、狭小地を有効に活用して収益を少しでも伸ばしたい場合に下記の方法を利用してみてはいかがでしょうか?

1坪からの狭小地の活用には、以下のようなものが一例として考えられます

  • 自動販売機
  • コインロッカー
  • 貸看板 
  • バイクコンテナ
  • コインランドリー     etc・・・

 設置に関しては手間がかからない上に、他に利用用途が見つかった場合にいつでも撤去(契約条件による)することができます。借地権や営業権が発生しない一時形式です。
 管理に関しても業者が実施してくれるので、管理コストがほとんどかかりません。
場所を問わず活用できることが、この活用方法の最大のメリットです。

もう少し広い敷地で、建築制限がある地域や一時利用での活用方法としてはトレーラーハウスを利用して行うことで活用することができます。

トレーラーハウスの中でも移動可能な機能を持つものになります。又、事業用として利用する場合は4年償却が可能です。
トレーラーハウスでは、以下の税金が非課税となります。
①固定資産税 ②不動産取得税 ③自動車税 ④自動車重量税 ⑤自動車取得税

車検の取得や自賠責保険への加入義務もありません。

トレーラーハウスは車輌なので建築基準法上の制限を受けません。建築確認も必要ありませんし、市街化調整区域、農地、原野、山林等へも設置することが出来ます。 設置の一例としては、コインランドリーや飲食店、自動車販売等の利用がされています。トレーラー1つでは面積が足りない場合は、2つ3つ利用します。 不要になった場合も、トレーラーハウスとして売却することも可能であるので、利用が難しい土地の有効活用として検討するのも手かもしれません。