• 標準
  • ENGLISH

その他の活用

ガソリンスタンド
・高速のインターの近くは出店難しい
・500坪以上(各企業とも最近は小さいスタンドを閉鎖し、大きいスタンド建設に注力。)
・国道沿いは不向き、住宅地の近くが望ましい
洗車場
・比較的少額の設備投資で開業可能です
・短期/中期で償却が可能です
・節税対策に適したサイドビジネスです
・人件費・管理費がほとんどかかりません
・建築物がないので調整区域でも設置可能です

メリット

省スペース・高回転率で高収益
・省スペース設計の門型洗車機により、2台設置しても必要な敷地は約100坪
・洗車から乾燥まで全自動運転のため、従来のスプレー型洗車機よりも回転率が高いのが特徴
・空き待ちのお客様の駐車スペースも最小限でOKです

インドアテニス
・ローリターンですがローリスクの「長期安定型」不動産事業です
・男・女・年齢を問わない、幅広い集客が可能な事業です
・異業種(物販・飲食・アミューズ゙等)との複合案件で、お互いの相乗効果をもたらします
・比較的場所を選ばない、複層(駐車場上等)も可能な事業です
・健康産業として地域社会に貢献できる事業です
・ただし、初期投資が大きいことと商圏を事前に確認しておかないと安定した運営が難しくなるケースがあります   

メリット

・天候による休業がなく、安定した経営が可能。
・初期投資が大きいが、商圏が確保できれば比較的短期間で回収可能。
・照明・音が外部に漏れないため、近隣の迷惑になりにくく、早朝・深夜の営業も可能。

出店エリア 出店候補地を中心に半径3km(地方では5km)が人口20万人以上であることが目安。首都圏・中京圏・京阪神圏を重点エリアと考えています。
建築面積 500~680坪以上(ロードサイド・郊外の場合は、別途40台程度の駐車場面積が必要)
延床面積 700坪~800坪
天井高 10m位
用途地域 第1種住居から工業地域まで(これ以外の地域はご相談ください)
施設の概要

テニスコート3.5面、フロント、ロッカー・シャワールーム、ロビー、託児室、
ショップ、事務室

出店タイプ
(単独店舗タイプ)
・ビルテナントタイプ
・ビル屋上テナントタイプ
・既存店の運営受託
出店可能な業種タイプ
(組み合わせ)
・テニススクールタイプ
・テニスクラブ+スクールタイプ
・サッカースクールタイプ
・フットサル施設+サッカースクールタイプ
・ゴルフスクールタイプ
・上記の複合施設タイプ
賃貸面積 700坪~800坪
天井高 ・単独店タイプ 2,000平方メートル以上
・ビルインドアテナントタイプ 1,300平方メートル以上
・ビル屋上テナントタイプ 1,300平方メートル以上
・既存店の運営受託 1,300平方メートル以上
契約方式 第1種住居から工業地域まで(これ以外の地域はご相談ください)
施設の概要 ・建物賃借契約
オーナー様に施設を建築いただき、賃貸する方式。

・運営受託契約
オーナー様経営の施設運営を請け負わせていく方式。

・運営継承
現在オーナー様が経営の施設を、オーナー様に代わり経営させて頂く方式。
コンテナBOX事業
これは駐車場のオーナーや地主が、有効な土地活用として取り入れている事業として最近はやりだしたものです。このコンテナBOXは、現在駐車場などに活用している土地に輸送用コンテナを設置して一般のユーザーにレンタル収納スペースとして利用してもらうものです。
 このコンテナBOXの事業形態は大きく分けて2通りあります。1つは地主さんがコンテナ会社からコンテナを購入し、一般に貸し出すケース。実際の募集、入金管理運営はコンテナBOX会社が業務を代行し、地主さんに対して家賃を保証する契約を結ぶのが一般的です。このケースはアパート・マンション事業のように、不動産会社が大家さんの建物を一括して借上げ、家賃を保証するケースと同じです。2つめのケースは地主さんが直接初期投資をしないケース。
 まず、地主さんはコンテナ会社もしくはコンテナBOX運営管理会社との間で土地の賃貸借契約を結びます。そしてコンテナ会社(コンテナBOX運営管理会社)がコンテナを置き、一般に貸し出すというシステムになっています。
 最近のトレンドとして、ただのコンテナで集客力がなくなってきています。湿気対策や温度管理ができていないとコンテナに収納している物が痛むからです。そこで、空調完備の建物を建築してコンテナBOXとして利用するケースが増加しています。

~メリット~

・利回り約20%という高利回り(条件により変わります)
アパート・マンションの平均的利回りは10%なので、約2倍もの利回りが稼ぐことができます。

・投資額が僅かである(コンテナ利用の場合)
コンテナ一台あたり、おおよそ100万円程度ですませることができます。

・投資額の短期回収が可能
およそ5年で投下資本を回収することができます(20%5年=100%)。

・地主さんがコンテナを購入する場合、減価償却による所得税の節税効果がある
コンテナBOXの法廷耐用年数は7年です。

~デメリット~

・居住用宅地としての固定資産税評価減の恩恵を受けれない(コンテナの場合)
コンテナ事業は現在の土地にコンテナを置くだけの事業であり、アパートやマンションのように新しく建築物を建てるという事業ではないため土地に対しての評価は駐車場と同じ全くの更地評価になり、土地固定資産税の評価減という恩恵を受けることはできません。

・相続税対策にならない
土地の相続税評価額が更地の評価になってしまうために、相続対策として土地活用を考える際には、コンテナ事業では相続対策としてのメリットはほとんど期待できません。

コーポラティブ住宅
コーポラティブ方式とは「自ら居住するための住宅を建築しようとするものが、組合を結成し、共同して事業計画を定め、土地の取得・建物の設計・工事発注・その他の業務を行い、住宅を取得し管理していく方式」です。
分譲会社(デベロッパー)は介在せず、入居者が主体となって進めていきます。
完成・入居後の建物は、分譲と同様の権利形態(所有権)です。
海外では欧米を中心に広く普及しています。 ドイツでは全住宅の約10%、ニューヨークでは約20%がコーポラティブ方式といわれています。海外においては一般的な住宅取得形態の1つです。

日本でも30余年の歴史を持ち、これまで多くの住宅がコーポラティブ方式で建設されてきました。
都市基盤整備公団(現 独立行政法人都市再生機構)も多摩ニュータウンなどにコーポラティブ方式により住宅を建設しています。
企画者・コーディネイターが客観的な立場で入居者間の利害調整や合意形成を行いながら、土地の選定、計画内容の説明会に始まり、土地購入の手続から建設会社の選択、登記手続、融資手続、組合運営、入居後の管理など、あらゆるシーンで組合の皆様を全面的にサポートしていくことで、「コーポラティブハウス」ならではの「自由度」「合理性」「安心感」といった価値が生み出せます。
1. 分譲マンションとの違いは何ですか?
分譲マンションは、デベロッパーが土地を買い建物をつくって販売します。それに対して、コーポラティブハウスは、入居予定者が建設組合を結成し、直接土地所有者から土地を共同購入し建物を建設会社に発注します。つまり、事業の主体がデベロッパーであるか、住人主導であるかということが一番大きな違いです。
2. コーディネイターは何をしますか?
コーディネイターは、土地の選定、事業計画の立案、入居者の募集、入居者・建設会社・金融機関などのパートナー間の意見調整や合意形成など、事業を円滑に推進していくために建設組合への企画・コーディネイトを実施しています。
3. 建設組合とはどんな組合ですか?
入居予定者が、共同で土地の購入と建築工事を行うために結成する任意団体です。組合の規則については、コーディネイターが原案を提示しますが、入居者の合意のうえで決定します。入居予定者で設立する建設組合は民法上の任意組合であって法人ではありません。建物ができ上がると、その役目は終わり、建設組合は解散し、管理組合へ移行します。
4. 建設組合を途中で退会できますか?
建設組合結成後に途中で退会することは、ほかの入居者に迷惑をかけますので原則的にできません。ただし、やむを得ない事情で退会する場合も想定し、組合規則の中で細やか取り決めをしています。

メリット

通常、マンション用地等でデベロッパー等に売却する際はデベロッパー自身の利益の確保があるので、利益分土地を安く購入しなくてはなりません。コーポラティブという形式であれば、中間マージンはなくなることから多少高めの金額で売却できる可能性があります。