• 標準
  • ENGLISH

有効活用の落とし穴

本当の相談相手は、誰ですか?

私たちは、あなたの代わりに、あなたの立場に立って本当の有効活用を徹底的に考えます。お客様のベストパートナーとして、真の「顧客第一主義」を考えればこそ、時には、「なにもしない方がいいですね」と申し上げることもあります。

正しい土地の有効活用 商品を持たない『青山財産ネットワークス』だから、
真にお客様の立場で、最適な「有効活用」が提案できます。

コンサルティングフィーは成功報酬ですが、
競争原理を効かせ、プロ(青山財産ネットワークス)がお客様につきますので、
価格や契約条件などが有利な条件で実行できます。
その結果、トータル的にプラス効果の方が大きくなる場合が
ほとんどです。

なにもしない方がいいとアドバイスできる会社が他にありますか?
私たちは、徹底的に検討した結果、なにもしない方がいいと申し上げることがあります。

本当の相談相手は、誰ですか?
銀行・不動産会社・ハウスメーカーなどに相談を持ちかけても、それぞれの立場での偏った提案になりがちです。
だから、総合的に判断できるコンサルタントが必要なのです。

社内に税務・建築・不動産ほか各分野の専門家が揃っていますので、
あらゆる角度から調査・分析し、最適なプランをご提案させていただきます。

こんな方は、まずはご相談下さい

  • 有効活用して良いか迷っている
  • ハウスメーカーなどから有効活用の提案を受けて悩んでいる
  • 地形、交通の便などが悪く有効活用できない
  • 有効活用したいが資金がない
  • 有効活用したい土地はあるがどのようにしていいか分からない
  • 空室リスクを小さくし、安定した収入を得たい
  • 収益性の高い不動産に買い換えたい
  • マンション計画の提案を受けているが、本当に建てて良いものか?
  • 遊休地を活用して収入が見込めるか?
  • 所有不動産からの収入を増やしたい
  • 空室を抱え困っている
  • 借入金の負担が大きくて困っている
  • 相続税が不安

有効活用して本当に大丈夫ですか?

有効活用計画のほとんどが「建てては、いけない」という私どもの結論です

有効活用計画のほとんどが「建てては、いけない」という私どもの結論です

土地活用のコーディネイトから税務コンサルティング・収益物件購入コンサルティングに 至るまで税務・建築・不動産のプロ集団にお任せ下さい。

有効活用が難しいときは…

収益を生まない資産から、収益を生み出す資産へ組み替えることが必要になります。

次のようなケースでも土地の有効活用ができます

CASE-1 建築資金がなく、借入もしたくない場合 CASE-2 納税予定地として、畑・駐車場にしている場合

なぜ「土地の有効活用」はやめたほうがいいの?

「土地の有効活用」はやめたほうがいい弊社で発行している、あなたの「土地の有効活用」はやめたほうがいい!と言う本を読んだ方や、同じタイトルで行うセミナーなどを通じて、ハウスメーカーから有効活用を提案されているが、どうすれば良いかと言う相談を多く受けます。
私たちが行う分析、綿密な事業収支予測の結果、その80%が、「そのままの計画は中止すべき」もしくは、「大幅な事業計画の見直しが必要」と言う結果となっています。
賃貸住宅の数は、年々増加の一途をたどり、まだ人口が増えている首都圏でさえ、明らかに供給過剰となっており、空室問題は大家さんにとっての共通の悩みとなっています。 にもかかわらず、ハウスメーカーや建築会社は、一方的に建築を勧めてきます。どう考えても建ててはいけない場所であってでもです。それは、彼らは建築させる事が最終目的であるからです。  土地の有効活用は、財産を守って行く上でも相続対策(納税資金の確保等)の上でも非常に重要なテーマです。しかしアパートを建築することだけが土地活用の方法ではありません。 場所によっては、他の方法も可能ですし、どうしても有効活用できない土地(=将来的にも価値が下落する可能性がある土地)であれば、買い換え特例を利用し、組み換えて(場所を移して)活用する事も選択肢のひとつです。

なぜ「土地の有効活用」はやめたほうがいいの?