• 標準
  • ENGLISH

底地コンサルティング

地主さんにとっての貸宅地(底地)は、維持管理費や土地の価値からみた場合、現状の収入(地代)では割が合っているとは思えません。地主と借地人との関係は、アパートの入居者と違い何十年も前から続く歴史が詰まっています。固定資産税の負担も大きい為、地代を値上げしようにも簡単に変更することは難しく、現状から抜け出せずに悩まれている地主さんも多いのではないでしょうか?

場合によっては契約期間が満了していて更新していなかったり、契約書そのものが無いケースも多々見受けられます。なにかのきっかけでいざ交渉事になると『先代はそんなことは言わなかったぞ!』『先代はいい人だった・・・』『先代とは口約束だが、硬い信頼関係があったんだ!』などと、昔の話を持ち出されて埒があかない・・・交渉はちっともすすみません。

そこで誰かこの貸宅地を買ってくれないだろうか?息子(娘)にこんな思いはさせたくない!と思うのももっともです。そこで、不動産会社ではなく青山財産ネットワークスへ底地(貸宅地)の整理コンサルティングを依頼される地主さんは年々増えております

その理由は、青山財産ネットワークスは不動産の価値を最大限に引き出す経験とノウハウが蓄積された専門家集団だからです。