• 標準
  • ENGLISH

遺産分割対策を考えたい

遺産分割に備えて
どのようなことをすれば良いのでしょうか?

遺産分割には3種類の方法があります

最も一般的な遺産分割の方法は、「現物分割」です。これは、自宅と○○のアパートは長男、預金と○○の駐車場は二男というように、各相続人がそれぞれ個別の財産を相続する方法です。

ですが、被相続人の遺産が自宅のみの場合などは、共有にしなければ一人の相続人しか財産をもらえなくなってしまい、現物分割ができません。

そこで遺産分割では、1. 現物分割のほかに、2. 換価分割(相続財産をすべて換金し、相続人に金銭で分配する方法)、3. 代償分割(特定の相続人が財産を相続する代わりに、その相続人が他の相続人に現金を払う方法)といった方法をとることができます。

まずは遺言を作るところから

ただ、いずれの方法によるとしても、遺産分割にはもめごとがつきものです。

そこで、円満な財産分割に一番効果的といわれているのは「遺言書の作成」です。特に不動産などの評価や分割が難しい資産がある場合には、その重要性が増します。

遺産を分割する場合、遺言書がない時には法定相続分によることになりますが、遺言書がある場合には、書いてある内容通りに分割することとなります。

分割用財産の確保も重要です

また、分割用財産を確保しておくことができれば、遺産分割も容易になります。分割できる財産がない時は、生命保険を活用し、生命保険金を分割財産にあてることも可能となります。ぜひご相談ください。

相続対策