• 標準
  • ENGLISH

アパートの空室を減らしたい

経営しているアパートの空室が埋まらず困っています。

まずは空室の原因を探りましょう

業績の悪い企業を立て直すには、まず業績が悪化した原因の分析が必要。アパート経営も同じです。空室には、必ず原因があります。下記の例を参考に、所有する賃貸住宅を振り返ってみてください。

空室原因分析早見表
家賃が周辺相場より高い 不動産業者が積極的に募集を行わない
建物が古い 不動産業者の態度が横柄
設備が古い(バスがトイレ別でない・狭い) 入居者に問題がある
間取りが悪い・狭い 日当たりが悪い
建物の内、外ともに汚い 騒音が気になる
ごみ置き場が汚い(清掃されていない) 上下階及び近隣の音が良く聞こえる
セキュリティーに対策が施されていない 駅から遠い
収納が少ない 洗濯機置き場が室内にない
エントランスが暗い 駐車場がない

安易な空室対策リフォームは禁物

不動産業者は、募集の強化になる、あるいは家賃が高く取れると言ってリフォームを勧めてきますが、費用対効果を考えると得策でない場合も多くあります。

たとえばブロードバンド環境の整備やセキュリティーの強化(TVモニターの設置やディンプルキーへの交換)など、あまり費用をかけなくとも物件のイメージをアップする方法もあります。

賃貸経営は「サービス業」

賃貸経営は今後ますます厳しくなっていきます。大家さんはこれまでのように業者に任せっきりではなく、どうすれば入居者に満足を与えられるかを日々考え、サービス向上と営業努力をしていかなければなりません。

まずは、不動産業者任せになっている入居者の募集を、不動産業者の見直しも含め、徹底的に募集方法の改善を行うところから始めましょう。ぜひ、私たちにご相談ください。

保有不動産の有効活用