• 標準
  • ENGLISH

【日経BP社発行】
After 2020年
不動産オーナー&都市農家が
負動産にしない不動産 相続対策

~将来の景気悪化、人口減少に備えた,
財産を守る、負動産にしない対策とは~

 

出版記念特別セミナー(2019年3月22日 新刊本発売!)

プロの財産コンサルタントが “やるべき対策”とやってはいけない対策”を徹底解説!!

【日時】
・4/24(水)横浜
・5/10(金)秋葉原
・5/17(金)新宿

13:30~15:40(開場13:10)15:45~個別相談会(要予約) 

セミナー当日スケジュール

■13:10~受付開始

■第一部13:30-14:15(45分)
2020年[東京オリンピック]後に“負動産にしない”相続対策とは
◎不動産投資市場の潮目の変化を振り返る
 2018年に一部の投資用不動産が下落し、住宅市場が減速した理由
◎どうなる?2020年 [東京オリンピック] 後の不動産市況
 2020年 [東京オリンピック] 後には不動産価格が暴落するのか?
 生産緑地2022年問題(宅地の大量供給)は起こらないが・・・
◎今後は、2つの異なるタイプの“負動産”が増えていく
 “負動産”売却チャンスの終わりは近づいている!
◎2025年以降、首都圏でも“負動産”が増加する理由とは?
 これからは首都圏でも“負動産”が増えていく
 東京でも「サブリース2025年問題」が起こる市区町村は?

■第二部14:15-14:50(35分)
都市農家・地主が“やるべき対策”“やってはいけない対策”
◎都市農家が絶対に知っておくべき 新しくなった法制度・税制等の新常識
◎絶対に“やってはいけない”こんな相続対策(失敗事例編)
◎農地を守るために都市農家・地主が“やるべき対策”
◎相続税の納税猶予の活用方法、生産緑地の活用方法とは?

■第三部15:05-15:45(40分)
プロのお手並み拝見!成功事例で学ぶ
負動産とは無縁の“財産を守る”不動産 相続対策
新刊本に掲載している以下の事例の中から、時間の許す限り解説します!

事例①底地交換と自宅敷地の一部売却で破たん危機回避、最適な財産ポートフォリオを再構築
事例②隣人の協力を得て、将来の相続税納税と負動産を不動産にして有効活用に成功!
事例③兄弟間の共有問題解消だけでなく、借地人や負動産所有者も大満足の等価交換(高値売却)
事例④入居者を集約して敷地を有効利用したうえでの一部不動産の組み換え
事例⑤不動産現金化による相続対策で将来の不安が解消できた!
事例⑥好市況下で実現した旧耐震区分マンションの一括売却で幸せな暮らしを実現!
事例⑦好市況機を見逃さず、不動産の組み換えを最大限活用し農地を守っている都市農家
                   ~
事例⑩生産緑地を活用して納税資金を準備!“利回り20%”の認可保育園での法人活用

■第四部15:45-16:45(60分)
個別相談会
税理士・CFP・コンサルタント等、専門家による個別無料相談会です。
相続、不動産、税金、保険に関するお悩みがありましたら、この機会にぜひご相談下さい。



〇セミナー概要はこちら
〇セミナーお申し込みはこちら

講師&新刊本紹介



セミナー会場のご案内



○セミナーパンフレット(案内)はこちら
〇セミナーお申し込みはこちら

一覧へ戻る

PICKUP

  • 賢者の選択 出演動画配信中
  • アドバンテージクラブ
  • セミナーのご案内
  • 相続対策チャンネル
  • SPCを用いた不動産投資事例

LINKS

  • 全国ネットワーク
  • 書籍のご案内
  • 財産管理アドバイザー
  • 事業承継シニアエキスパート養成スクールのご紹介

ページトップへ