よくあるご相談を見る

企業オーナー向けコンサルティング

コンサルティング内容

事業の承継では、「経営の承継」と自社株を含めた「財産の承継」の2つの側面があります。
後継者問題や、相続等の問題を解決し、経営と財産を円滑に承継する必要があります。
また、承継後の企業オーナーの生活基盤等にも配慮した財産の運用や管理等、総合的な課題も解決します。

図:企業オーナー向けコンサルティング

図:企業オーナー向けコンサルティング

コンサルティングメニュー
お客様の現状分析結果を踏まえ、課題解決のための「相続対策」や「事業承継対策」の具体的なメニューを提案します。

相続対策メニュー(一例)

事前対策~相続する前の準備~
  • 納税資金準備対策
  • 土地の有効活用検証
  • 不動産共有の解消
  • 納税用不動産整備
  • 建築会社選定、プラン検証
  • 物納準備支援
  • ロードサイドテナント誘致
  • キャッシュフロー改善
  • 遺産分割対策
  • 借地・底地の整理
  • 資産管理会社(法人)の活用
  • 遺言書作成支援
  • 不動産(収益物件)の購入
  • 自社株式対策
  • 養子縁組、生前贈与
  • 不動産の売却、等価交換
  • 不動産特定共同事業の活用
  • 成年後見人手続き支援
  • 不動産の組み換え(買い換え)
  • 民事信託支援
  • 転ばぬ先の杖コンサルティングサービス
  • 不動産の活用(再生)
  • 海外資産運用
事後対策〜相続後にすること〜
  • 遺産分割支援
  • 不動産売却
  • 二次相続を見据えた承継対策
  • 物納実行支援
  • 各種相続手続き支援

事業承継メニュー(一例)

  • 従業員又は役員持株会設立支援
  • 自己株式取得実行支援
  • 不動産M&Aの検討及び実行
  • 種類株式の導入支援
  • 自社株式の株価試算
  • 所有する不動産の検証
  • 株式譲渡・贈与実行支援
  • 財務計画書策定支援
  • 組織再編の検討及び実行
  • 事業承継ファンド
  • 財務デューデリジェンス
  • オペレーティングリース

事業承継ファンド

現状の経営状況から事業継続自体が難しい事業に対し、解決策をご提案するのが事業承継ファンドの役割です。事業承継ファンドは、オーナー家から株式を取得し(議決権 100%)、株主として業務を行います。 事業承継ファンドを有効に活用できれば、事業承継の新たな選択肢の可能性を見出すことができます。

図:事業承継ファンド

不動産M&A

「不動産M&A」とは、“不動産の取得を目的に行われるM&A”のことです。一般的な不動産売買は不動産の現物を売買対象とする一方で、不動産M&Aは不動産を保有する企業の株式を売買対象とします。
不動産の現物を売買する場合と比較し、不動産M&Aは売買対象が株式となるため、売却に対する税務上の取り扱いが異なります。また、登記変更や不動産流通税が不要であることも特徴です。一方で、株式を取得するため、買主は思わぬ負債等を承継する可能性もあり、実行は慎重に行う必要があります。不動産取引とM&Aの両方の知見が求められるのが「不動産M&A」と言えます。

図:不動産M&A

図:不動産M&A

ファミリーオフィスサービス

ファミリーで事業を承継していく場合、一族の「理念・価値観」は次世代・次々世代へ進むにつれ、失われていく懸念があります。この「理念・価値観」の承継は、一族のつながりや事業・財産の持続可能性を高める重要な要素です。
ファミリービジネスの永続的な繁栄のために、当社は財産の保全・運用のみにとどまらず「非財産」分野からもお手伝いします。

図:ファミリーオフィスサービス

AFOS