2021.12.23
税制・法令
相続分について
本ページでは相続分についての概要をご紹介しております。詳細はページ下部にございます「相続分について.pdf」をご覧ください。

概要

「相続分」とは、相続人が取得する相続財産の相続割合のことをいい、法定相続分と指定相続分の2種類があります。これら相続分の性質や、相続分の放棄・譲渡、その課税関係については、留意すべき税務上・法令上のポイントがございます。
 本コラムでは、「相続分」に関する税務上・法令上のポイントを、具体的な裁判例やQ&Aを交え、分かりやすく解説します。
 

詳細

本稿においては、以下について解説してまいります。
1.相続分とは
①法定相続分
②指定相続分

◆ 法務ポイント ◆
法定相続分・指定相続分に関して、遺産分割協議で合意ができれば、異なる内容による相続をすることができるのでしょうか。  

2.相続税の計算における法定相続分

◆ 税務ポイント ◆
同じ課税遺産総額であっても法定相続分が異なれば、相続税の総額も異なるのでしょうか。相続人が配偶者と子の2人であった場合と、相続人が子5人であった場合を比較して、みてみましょう。

3.相続分の放棄
4.相続分の譲渡

◆ 法務ポイント ◆
相続分の放棄及び譲渡について、その方式や効果の違いは何でしょうか。また、相続分の取戻権(民法905条)の要件についても、解説しています。

5.判例
  • 相続人間における無償の相続分譲渡が「贈与」にあたるか(最高裁平成30年10月19日)

◆ 税務・法務ポイント ◆
・相続分の譲渡がなされた場合には、譲渡人が死亡した場合の相続に際して、民法903条1項に定める「贈与」として、特別受益とみなされるでしょうか。
・譲渡された相続分の価額の評価基準時はいつになるでしょうか。

 
6.相続分の譲渡における課税関係

◆ 税務ポイント ◆
相続人以外の人へ相続分を譲渡した場合、課税上のメリットはあるのでしょうか。また、遺産の中に不動産が含まれていた場合、不動産の持分移転登記はどのようになるのでしょうか。

7.法定相続分と課税に関するQ&A
  • 相続人の一人が相続放棄した場合、相続税の総額の計算に影響はあるか?
  • 法定相続分とは異なる相続割合で遺産分割した場合、差額に課税はあるか?
     

    ※ダウンロードにあたっての注意事項※

    ・本サイトでダウンロードできる本資料の著作権(著作権法第 27 条及び第 28 条に定める権利を含みます。)、商標権、その他知的財産権、肖像権等の権利(以下総称して「知的財産権等」といいます。)は、当社又は正当な権原を有する第三者に帰属します。
    ・本資料を非営利目的で個人的な使用をする場合、法人の場合は当社が許諾した範囲で使用する場合に限り、本資料をダウンロード・保存、印刷、閲覧することができるものとします。但し、かかる表示または印刷物には、当社の著作権表示が付されることを条件とします。